« 2015年5月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016/04/30

大宮アルディージャ対鹿島アントラーズ

本日、大宮アルディージャ対鹿島アントラーズをNACK5スタジアムで観戦。
結果は0ー0の引き分け。
アルディージャはアントラーズに対してよく守ったなという印象。
カウンターがキチンとハマれば勝機があったかもしれないけど、ゴールキーパーからのフィードがことごとく相手に渡ってしまっては、望む攻撃はできません。
それでも緊縛な好ゲームだっので見ていて楽しかったのは間違いありません。
次はアゥエイ福岡、アルディージャの勝利を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レガシィアウトバックにアマチュア無線機を取り付ける

携帯電話の普及で激減したアマチュア無線人口。最近長いアンテナをつけているクルマをほとんど見かけなくなりました。
自分もあんまり熱心なアマチュア無線家ではなく、なんとなく惰性で続けているんですが、特にクルマに無線機をつけることにこだわっています。
ということで、クルマを買い替えたので、無線機を取り換えてみました。
以前の車につけていたKENWOODのTM-710Dという無線機は、アイドリングストップのたびに電源が落ちては再びスイッチが入るということを繰り返すので、ちょっと問題ありということで、八重洲無線のFTM-400Dに買い替えました。
この無線機は、APRSという、GPSから得た位置情報を一定時間間隔で自動的に送信する機能を備えていて、GPS受信機も本体に内蔵されています。
あと、最近のクルマは、とにかくアンテナをつけられる場所がない。
雨どいもないしリアゲートも、取り付け可能だと思われる場所はすべてプラスティック製品で、強度とアースを取ることができません。

ということで、まず、アンテナは思い切ってドアの横にドリスビスとDIY用金具で雨どいのようなものをつくり、そこに雨どい接地用のアンテナ基台を付けました。これで、アースもきちんととることができます。
Img_1122

実はこのアイデア、最近の消防指令車によくあるアンテナの設置方法からヒントを得たものです。
Img_2544

消防車は下取りなんか気にしないでいいので目立つところにビス付けができますが、自家用車、特に新車ではそこまではなかなか勇気が出ませんから、少し目立たないところにビス止めしてあります。
Img_1059
Img_1351


無線機は、バッテリーから直接電源を引き、アクセサリーと連動して動作するリレーをかまして、クルマのスイッチオンと同時に無線機の電源も入るようになっています。
無線機のコントローラの設置は、センターコンソールのエアコンの下の空きスペースしかありませんでしたので、ここに設置しました。
Img_1339

空が見通せない場所に設置したことによるGPSの受信できるかどうかですが、まったく問題なく受信しているようで安心です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/04/29

行動経済学における時間割引率

とあるメルマガで目にした「時間割引率」という言葉。
初めて目にする言葉だったんで、インターネットで調べてみた。
どうも、「行動経済学」という分野にある言葉らしい。
ある時点に予定されていた一定額の受け取りを将来に延期する場合に要求する金利ということで、高い人は高い金利でなければ受け取りを待てないし、低い人は低金利でも辛抱強く待つことができる、その時間と我慢の関係は双曲線になっていて、将来が遠ければ遠いほど、金利差が理解できなくなる、ということらしい。

将来はなかなか見通せないから、人は人的資本に投資するけど、投資はお金がかかる話なので、予算制約のもとで行うことになるけど、この程度によってが「時間割引率」が決定されるということらしい。
つまり
・時間割引率が低くなる傾向の人。
・経済的に余裕がある人
・必要な知識を持っている人
・年齢が高い人
は、人的資本が蓄積されており、見通しが良くなる結果、将来を割り引く必要がなくなるので、時間割引率が低くなる傾向となるし、時間割引率が高い人ほど貯蓄より消費を優先させる。つまり、負債を持つ可能性が高くなる。
気になったのは、せっかちな人は時間割引率が高いということらしく、自分は相当せっかちだと思っているのだが、そのために貯蓄より消費を優先させる傾向があるのだ、ということであれば、実際の行動がとてもよく説明できていてると思った。
今後は、しっかりと自分をコントロールしていかないということかな。

お勉強、お勉強!
Illust4350_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

レガシィアウトバックを簡易キャンピングカー仕様に その2

引き続き、レガシィアウトバックを簡易キャンピングカー仕様にするお話しです。

クルマ自体は普通のステーションワゴンなので、通常はカーゴルームには荷物を載せており、就寝時にカーゴルームを使用するために荷物をどかす必要があります。

座席の隙間や助手席に荷物を置くという手もありますが、それだけではすべての荷物を収納できないこともあるので、少し工夫をしてカーゴルームカバーの上に大型の荷物を置けるようにしてみました。

カーゴルームを立体的に使用する手段として、エレクターパイプという部材を使う人が多いようですが、これだといったん設置すると普段使いに邪魔になったときにもとにもどすのに手間がかかるので、カーゴルームの目隠しであるトノカバーの強度を強化してみました。

こんな感じで、トノカバーの下にパイプを2本追加して、加重強化を図ってみました。
Img_1344

パイプは、家庭用の回転して伸び縮ミスるものを使用し、アルミパイプを支えるU字金具のようなものがDIYショップにあったので、タッピングビスで車内に固定しました。
Img_1343_2

重い荷物をトノカバーの上に乗せられるようになり、就寝時に荷物をいろいろな隙間に押し込む必要がなくなりました。
Img_1350

さて、これで快適に車中泊ができるようになるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レガシィアウトバックを簡易キャンピングカー仕様に

クルマでの旅行は自由度が高いから好き!といっても、ゴールデンウィークや年末の混雑する時は、渋滞やホテルが満室などであまり自由を感じられません。
渋滞はちょっとの我慢で何とかなることもありますが、泊まる場所はどんなにがんがってもどうしようもないこともあります。

ということことで、宿泊の自由を得るために、新しくなった我が愛車を簡易キャンピングカー仕様にしてみました。

手足を伸ばしてゆったりと眠るためには、後ろの席を倒してカーゴルームを広げるのが一番。
でもカーゴルームはけっこう凸凹していてそのまま寝るのは不快。
ということで、以前のクルマでも使用していたのですが、就寝用マットレスを購入しました。
「ラブマット」という、少々怪しげな名前なんですが、かなり効果の高い商品です。

専用設計だけあって、ぴったりとはまります。
Img_12862_2

宿泊場所は、高速道路のSAやPA、道の駅なんかが多くなるので、寝ているときに外から社内を覗かれたくありません。
そのためのウィンドウシェイドも必需品です。
前回は、ウィンドウシェイドを吸盤で簡単に取り付けることができるタイプを使用していました。
しかし、吸盤貼り付けタイプは、リアウィンドウ部分がうまく固定できなくてすぐに落ちてしまうという問題がありまして結構たいへんだったので、今回は窓枠貼り付けタイプに変更してみました。
前のクルマは、オールドスバルの特徴でもあるサッシュレスウィンドウだったので、吸盤貼り付けタイプ以外は使用できなかったという事情もありますが、窓枠貼り付けタイプは安価というメリットもあります。

窓枠にぴったりとはまります。
Img_12842

シェードの隙間から光が漏れることもなくなりました。
Img_12852

以前はこんな感じでしたから、光漏れはだいぶ改善されました。
Img_0052_2
Img_0050_2


吸盤式に比べると窓に張り付けるのに時間がかかるのですが、なかなか快適な空間が出来上がります。

広くなった車内もあいまって、以前にも増して快適な車中泊ができることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/28

いよいよゴールデンウィークに突入!

いよいよゴールデンウィークに突入。
なかなか休みを取れない方も多いとは思いますが、自分は職場での役割変更により、以前に比べて休みを取りやすくなりましたので、今回のゴールデンウィークは、ベタで休みを取ることができました。
で、今年も行きます!クルマでアゥエイ。今回の目的地は福岡です。そう、アピスパ福岡が相手ですね。
クルマで九州に行くというととても驚かれるのですが、確かに運転時間だけで12時間以上はかかりますから、休憩や食事時間を考えると、ほとんど運転しているような感じです。
で、なんでそんなことするんだ、と問われれば、そりゃもう、楽しいから、としか答えようがないんです。
移り行く風景を眺めているだけでそりゃもう楽しいわけですし、何より出発時間も自由、ルートも自由、何するにも自由というのが気に入っています。
自由ということはすべて自分で段取りしなきゃいけないわけですが、それもまた楽しいですから。
長距離ドライブを快適に過ごすためには、それなりに独自な装備が必要になってくるわけですが、だいぶいろいろな経験から必要なものを厳選できるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭市三川のつちや食堂

所用があり、千葉県旭市三川の、つちや食堂に行ってまいりました。



この店は、テレビ東京で放送された「孤高のグルメ2」で出てきた店のようです。私はその番組は全く知らなかったのですが、店の中に主演の松重豊さんのサイン色紙が飾ってありました。
海岸にある食堂ですから、魚介類が中心のメニューなのですが、この店の特徴なのは、近くの海岸がサーファーの隠れたメッカになっていてサーファーが多くいることから、「サーファー定食」なるメニューがあることです。



内容は、半熟卵のダブル目玉焼き、豚肉4枚になぜか納豆、大盛りに近いご飯とお吸い物という内容で650円です。



体力を使うであろうサーファーに、安価に栄養価の高い食事を提供するという意図があるようで、普通の人が昼飯て食べるにはちょっと栄養価が高すぎる気がします。
私は魚介類が苦手なので、この店ではサーファー定食しか食べませんが、この定食を食べ続けたら、確実にデブの仲間入りになることでしょう。
食堂の横には、ハマグリが入った水槽があり、料理を注文するとここから取ってきて調理しますし、ハマグリだけの販売もしてくれるようです。



場所が海岸で、近くのJR旭駅からだと歩いて1時間以上、タクシーだと2,000円以上かかってしまいますが、実は東京駅から出ている銚子行きのバスで「飯岡保健福祉センター」から徒歩25分と、なんとか歩ける距離にあります。
もちろんこんな場所ですから食堂には駐車場完備ですし、観光地ですから、歩いて数分のところには旭市営無料駐車場もあります。
食堂から食べながら海を見ることはできませんが、歩けばすぐそこに房総の海が広がっていて、外海の雄大な景色を眺めることができます。



旭市は、東日本大震災の時に津波で亡くなった方いらっしゃる場所で、近くにある国民宿舎も大きな被害を受け長い間休業のままでしたが、最近になり民間資本を導入し再開にこぎつけているなど、復興に向け頑張っている地域です。
ぜひ、皆様も機会があれば訪れていただければと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/27

ビラを受け取ってくれる人の傾向

ビラを受け取っていただける方の傾向で意外だったのは、女性が結構多いことです。
若い女性は、ビラに一瞥すらししてもらえないことがほとんどなのですが、ある程度の年齢を超えると、ビラの内容をかなり遠くから認識されて、受け取っていただける時、ニコニコ笑顔で、しっかりとこちらの目を見て受け取っていただける方が多いです。わりと積極的な印象の方が多いです。
私の魅力なのかと勘違いしてしまいそうですが、今シーズンすでに4回目のビラ配りで、毎回同じ場所に立っているから、こちらは覚えていなくても、受け取られる側は私の顔を覚えているのでしょう。
中には職場ででも配るのでしょうか、複数枚お持ちになられた方もいらっしゃいました。配っている側としては、とても嬉しいです。
こんな感じで、アルディージャがドンドン女性にも認識され、スタジアムにもドンドン女性が進出すると嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーム鹿島戦、浦和戦に向けた駅前ビラ配りに参加

今朝は、ホーム鹿島戦、浦和戦の訴求のための駅前で実施されるビラ配りのボランティアに参加しました。
ホーム鹿島戦、浦和戦、ともにすでに入場券は売り切れなので訴求効果は限定的ですが、鹿島戦はテレビ埼玉で中継があるし、浦和戦はパブリックビューイングがあるとのことなので、少なくともアルディージャのホームで試合があることを多くの人に知ってもらえたのではないかと思います。
ビラ配りをしていると、自分の人生の多くの部分を占めているアルディージャというものが、多くの人にとっては取るに足らぬものであることがよくわかります。
だからこそ、たとえ小さな行動であっても、皆さんに好きなサッカーチームを応援する楽しみをわかってもらと思いボランティアに参加しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/26

クルマを替えました

去年2015年、アルディージャはJ2リーグを戦ったわけですが、J2は南は大分、長崎から北は札幌まで、日本全国に散らばっていてます。
サポーターは単なるボランティアですから、応援しに行くのは自分たちの意思なわけですが、サポーターとしては、できるかぎり現地で応援したい、となります。
日本全国に散っていて、しかもJ1よりチーム数が多いから試合数も多いので、節約しないとやたら旅行費用が費用がかかることになります。
我が家が考えた旅行費用の節約手法は、なるべく自家用車で移動し、かつ、高速料金を節約するために深夜に移動するというものでした。
さすがに九州や北海道にクルマで移動するとなると、1日で着くのは難しいので、途中どこかに泊まる必要がありますが、宿泊費の節約のために、積極的にクルマの中で宿泊することを選びました。
幸い我が家のクルマはステーショワゴンなんで、荷室を広げると二人ならなんとか寝られるスペースが生まれます。
そんなこんなで、最長では長崎から札幌までクルマで移動したりして(4,500km!)ました。この時は、車中で3泊しました。
クルマでの移動は、他の公共交通機関での移動ではない体験が得られるので、慣れれば病みつきになります。
たた、クルマは機械で消耗品の塊ですから、使えば使うほどこわれやすくなります。
我が家のクルマも、購入から12年を超え、総走行距離12万キロを超えてしまった昨年末、致命的な故障が多くなり、買い換えることになりました。
こうなると、一時的には旅行費用が安くても、総額で高くなってしまっている気もするのですが、クルマでしか得られない体験は捨てがたいものがあります。
新しいクルマは、サッカーで遠出することを第一に、楽に快適に長距離を移動できることを優先して選びました。
というとなんかすごくカッコよく聞こえますが、致命的な故障で修理に出さざるを得なかったので、選択肢は同じメーカーのクルマしかなかったんですけどね。
そんなわけで、今年2月にスバルの新しいレガシィアウトバックが納車されました。これから新しいクルマで全国を回ることになります。
クルマの使い勝手や全国に旅行するためのクルマの整備、旅行記などはおいおいあげていきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/25

三県境探訪

休日に、今話題の埼玉、群馬、栃木の3件が交わる三県境に行ってきました。

渡良瀬遊水地の横にある「道の駅北川辺」にクルマを停めて、矢印に従って道を歩いていきます。



残念ながら、矢印が一部きちんと整備されていないので、GPSもつかって慎重に現場に接近します。


すると、突然三県境を示す看板が出てきます。今回は、風が強かったせいか、残念ながら看板が倒れていました。


三県境を示す名盤のようなものがあります。



いろいろなところで報道されて訪問者が多いのでしょうか、臨時駐車場もあるようです。わざわざ道の駅にクルマを停めなくてもよいようです。


だからどうした、的な感じなんですが、徒歩で簡単にいける三県境は日本是も珍しいということです。

ちなみに、道の駅北川辺は、食堂にナマズの天ぷらなんかがあってオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ShonanBMWスタジアムですばらしかったこと

今シーズンはヤマザキナビスコカップに次いで2回目です。
前回ヤマザキナビスコカップでShonanBMWスタジアムに来たとき、再入場時入口の表示がなくて、間違えて遠くの入口に行ってしまいまして。
その時に係員の方に「再入場入り口に、わかりやすいように表示があるとありがたいなー」なんてお願いしたんですが、今回、きちんと「再入場口」と大きく表示されていました。
とっても些細なことだし、こちらも強くお願いしたわけではないのですが、きちんと対処してくれていてとっても嬉しかったです。
きっと、ボランティアとチームの関係がうまくいっているんでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカパーチェック!2016年4月25日 湘南ベルマーレVs.大宮アルディージャ

平塚から22時前に帰宅して、早速スカパーチェック。
PKにつながるファールのシーン、解説の金田さん、審判の飯田さんの笛より早く「うぁあ、ハンドだー」。
試合後の、曺監督への痛烈な突っ込みも含めて、金田さんが初めてサッカー解説者と思った夜です。
ただ、曺監督も「金田さんが解説だと買っていない…」などと逆襲。
今シーズン、リーグ戦ではいまだ勝利がない同監督ですが、まだまだメンタルは落ちていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/24

Shonan BMWスタジアムにて

ただいまShona BMWスタジアムです。
さすがに休日だけあって、みなさん出足が早いですね。
北側駐車場はあっという間にいっぱいになってしまいました。
ベルマーレサポはもちろんの事、アルディージャサポもたくさんいます。
この時間だと屋台も開いていないので、さて、何して時間を潰そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平塚へ行こう!

今日は、アウェイ平塚戦ですね。比較的手軽に行けるアウェイですから、ぜひみんなで応援に駆け付けましょう!
平塚のホームであるBMWスタジアムは、交通手段は駅から徒歩、バス、レンタル自転車もしくは自家用車ということになります。
徒歩だと公式では25分くらいかかりますが、試合終了後のシャトルバスの混雑を考えると徒歩の方が早い可能性もあります。
しかし、ここはぜひ、平塚駅にあるレンタル自転車を使ってみましょう。
幸い天気も雨の心配はなさそうですし、少し早めに平塚につき、海岸までのサイクリングを楽しんだ後にスタジアムに向かうのもいいかもしれません。
シャトルバス運賃が往復で360円、レンタサイクルの利用料金が1日200円ですから、料金的にもレンタサイクルの利用がいいですね。
自家用車で向かう場合は、BMWスタジアム併設の公園の駐車場は、駐車台数が約500台までと、少なくはありませんが、Jリーグ以外の公園利用者と共同使用ですから、キックオフの時間によっては駐車しづらいかもしれません。
スタジアムに駐車できない場合は、スタジアム周辺にあるコインパーキングに停めることになりますが、Google等の検索では、平塚郵便局と済生会平塚病院にしかないようなのです。
スタジアム周辺のコインパーキングに停車できない場合は、駅周辺にある駐車場に停めざるを得なくなりますので、なるべく早くスタジアムに到着することが望まれます。
BMWスタジアムの駐車場は、北側、南側と西側にありますが、北側はホーム入口に近いこともあり、早めに埋まってしまうようですので、アウェイサポはぜひ南側の駐車場を利用しましょう。
みんなでBMWスタジアムに駆け付けて、リーグ戦久しぶりの勝利の後押しをしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/21

テスト

テスト

Image_2


続きを読む "テスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2016年5月 »